P House

15年間ニュージーランドで暮らしていました。 日々のひとこま、海の絶景旅 思い出写真など

カテゴリ:





わたしのクジ運。→ 「ちわわん生活」


s-1603021


3月20日は春分の日ですね。
子供の頃は三月は節目の時期なので
落ち着かなくて苦手でしたが
大人になった今は素直に春の訪れを
喜べるようになりました。

暖かいし、お花キレイだし。

s-1603124


何よりこの時期は犬のお散歩がしやすい!
特に老犬がいると気温に気を使うので
暑くなく寒すぎない春と秋は貴重です。
ちょうどいい時期なんて一瞬しかないから。

s-1903261


お花を眺めながら、わんこと散歩する。
犬バカにとってこれに勝る極楽はないのかも。

s-19032592


s-19032593


仕事中煮詰まったら足掻くのをやめ
いったん散歩に出る。
外の空気を吸って正気を取り戻す。
「時間無いのに!」とか考えない。
ごちゃごちゃうるさい頭を黙らせる。
リセットする。

その方がよっぽど効率的だと気付きました。

s-19032591


s-0909184


しかし白チワワ2匹飼ってた時は
お花と犬って似合うなって思ってたけど

s-1903196


花が絶妙に似合わない漢もいた。


メインブログはこちら ↓↓↓


犬のおやつ。

「外出してはいけない」ということは
「外出しなくてもよい」ということでもあるんだな。。
ふとそんな風に考えることがあります。

s-20042591
去年のチューリップ畑

娯楽は「不要不急」なのかもしれませんが
「無くてもよいもの」なんかではありません。
私はエンターテインメントを愛しています。

でも行きたくなければ行かなきゃいいとはいえ
行事があるから人は無意識の内に
行くかどうかの選択を迫られる。
皆が、世間が行くから、行ったほうがいいような
気がして迷ったりする。フェスとか花火大会とか。
なんとなく少し追い立てられるように。

だからお祭り含むあらゆるイベント事が
無くなってしまったことは残念だけれど、
予定が消えたからこその妙な落ち着きも
実は密かに感じてる面もあります。

s-20042592


そういうことから解放されて
ただ仕事や家事や読書やゲーム(笑)に
没頭することが推奨されるのは
一時の過ごし方としては悪くない。。

とはいえ私も去年チケットを取っていた
あるコンサートが当然中止になって
残念な気持ちを味わってはいるのですが。
中止によって打撃を受けているところも
たくさんありますし。

s-20042593


学校が始まらなくて困っている多くの人々がいて、
しかしその裏でいじめに苦しんでた子などは今
すごく安堵してるのかもしれない。
学校がオンライン授業になったら
病気などの理由で通学できなかった子供も
授業が受けられる、そんな可能性が
広がっていくのかもしれない。

そういったことも考えたり。

実際に登校して人と接し人間関係を学ぶべきだ!
みたいな考えの大人も多いのだろうけれど
私はリモート学習の可能性が広がることには
期待する気持ちのほうが大きいのです。


メインブログはこちらです ρ(・д・*)





インスタグラム

↑このページのトップヘ