P House

15年間ニュージーランドで暮らしていました。 日々のひとこま、海の絶景旅 思い出写真など

カテゴリ: 海旅

先日UPしたパラグライダー画像の
場所は(→)平久保崎灯台でした。

s-18122096 copy


ガイドブックにも必ず載っている
有名な観光スポット。
なので行く前に散々画像も見てましたし
正直ここは行かなくていいかなー
なんて思ってました。
島の最北端なので結構遠いし。
灯台のある展望台の風景よりも
白い砂のビーチが好きだし。

でもせっかくだからと行ってみたら
省略しなくてよかった!と
心から思いました。

s-18122097 copy


この景色を見逃すとこだったなんて
危なかった。

s-18122098 copy


なんて素晴らしい景色でしょうか。
私が旅先に島ばかり選ぶ理由もまさに
この海の色を求めているからです。

s-18122099 copy


冬なので空の色は淡く、
夏のような濃い青空ではありません。
でも真冬の太陽の下でもこの海の色が
拝める沖縄の離島ってすごい。

s-18122192 copy


s-18122191 copy


s-18122194 copy


地元の人オススメの穴場へ行くのは
もちろん楽しいです。
息をのむような絶景に出会えたりするし。

s-18122195 copy


でもやはり初めて訪れる場所では
ガイドブック常連の有名スポットには
とりあえず素直に行ってみたほうがいいなと
実感しました。。



こちらもよろしければ。



可愛い!


s-18122291 copy


空港についてまず最初に向かった場所、
玉取崎展望台です。

空港から目的地への道中にあるので
寄りました。

s-18122295 copy


最初に行く場所がビーチではなく
展望台というのは良いと思います。
(私はこのパターンが多い)

沖縄でなければ見られない海の色を
まず肉眼パノラマビューで眺めて、
美しい海のある島へ来たことを
実感するのです。

s-18122292


あ~~海の美しさでいうとやはり
沖縄の離島は別格ですね。

s-18122294 copy


それにしても暑い!
25℃超え、夏の気候です。

真夏に気温を比べると意外と
東京のほうが高かったりするのですが
真冬に来ると同じ日本とは思えない
気温差で楽しい。

暑いのが大好きな私はこの時点で
ニヤニヤが止まりません。

s-18122297 copy


そしてご覧のとおり、見事な快晴。
相変わらず海に関してだけは
お天気運がツイテる。

s-18122298 copy


曇っていると海の色も透明度も
見え方がまったく違ってくるので
お天気がいいのは本当に嬉しい。

s-18122296 copy


毎度旅のお天気運でやたらと運を
使っちゃってる気もしますけど
海の神様ありがとう。



こちらもよろしければ。





↑このページのトップヘ