P House

15年間ニュージーランドで暮らしていました。 日々のひとこま、好きなもの 思い出写真など

カテゴリ: 海旅

辰ノ島で絶景を拝んだ後は
壱岐島内にある筒城浜へと向かいました。

「日本の水浴場 55選」、「日本の水浴場88選」、
「日本の快水浴場100選」など何かと選ばれがちな
美しいビーチらしいです。

ということで期待も高まりつつ来てみましたら

s-18060171 copy


本当にキレイ。
遠浅で透明度も高いので、遠くまで透き通って見えます。

s-18060172 copy


そして砂が白いです。
サラサラパウダー。

s-18060174 copy


更衣室、シャワーとトイレも完備されてるし
波も穏やかなので、お子様連れの海水浴にも
最高のビーチだと思います。
駐車場も広いです。

s-1805315 copy


海水浴シーズン前だったため
私達の他に人はほとんどいなくて貸し切り状態。
贅沢なビーチ散歩を楽しみました。

国内だと海と砂の色がここまで美しいビーチが
沖縄と鹿児島の離島以外で見られるとは
正直思っていませんでした。

s-18060176 copy


こんなにキレイな海と出会ってしまうから、
まだ見たことがない日本の海にまた
出かけてみたくなるのです。


こちらもよろしければ。





s-18060191 copy


遊覧船から辰ノ島へ上陸したら
1周約1時間の島巡りコースを歩きます。

s-18060192 copy


結構急な山登りなんですが
犬の散歩で鍛えられているおかげで余裕な私。
スタスタ登っていって全く息切れしないので驚かれました。
生後8ヶ月、元気盛りの犬の散歩がいかにハードか
900キロ以上離れた場所で日頃の成果を実感する。

s-18060194 copy


s-18060195 copy


絶壁上に広がる草原にぽっかり開いた周囲110mの大穴。
「鬼の足跡」と呼ばれています。

s-18060197 copy


反対側から。

s-18060198 copy


自然豊かな場所は近場にもありますが
やはり無人島となるとスケールが違います。
鳥の声の響き方も、風の音も、
全てが澄んで聞こえました。
都会が大好きな私ですが、辰ノ島にいたこの時間
とてつもなく癒されたのは間違いありません。

s-18060199 copy


s-18060291


辰ノ島の豊かな自然とエメラルドの海の色が
この先も守られていきますように。


こちらもよろしければ。





↑このページのトップヘ