P House

15年間ニュージーランドで暮らしていました。 日々のひとこま、好きなもの 思い出写真など

カテゴリ: 海旅

2018年も残り3週間ですね。

今年は何度か海旅に出かけましたが
その中で特に素晴らしかった景色を
三つあげてみました。

まずひとつめはここ。

s-18120891 copy


辰ノ島クルーズで見た、岩と海。

ギザギザの層になった
高い岩山の景観も圧巻で、
さらに岩山の亀裂の奥まで
エメラルドグリーンの海が続いてる
ウソみたいな絶景でした。

s-18120892 copy


私は白い砂浜のビーチが好きで
山の風景には興味が無かったのですが
辰ノ島に関してはこのギザギザの岩山が
あってこその絶景でした。
自然ってすごいと改めて思った場所です。


ふたつめは、こちら。

s-18040691 copy


宮古島の竜宮城展望台からの景色。

対岸の与那覇前浜ビーチもそうですが
宮古島のビーチはどこへ行っても
間違い無く圧倒的にキレイです。
ただ私が行ったときは曇ったり晴れたりで
イマイチ美しい写真が撮れなかった。
というわけで青空が撮れた展望台からの
景色をピックUPしましたが、
他にも素晴らしい場所は山ほどあります。

海の美しさでいえば
宮古島はやはり別格ですね。。


三つ目はここ!

s-18120855 copy


福江島の魚藍観音展望所からの景色。

ここはとにかく見たかった場所で、
事前に結構リサーチしました。

画像を検索すると絶景の時と
アレ……?みたいな時があったので
塩の満ち引きの具合、
どの時間帯に行ったらいいかとか
予め調べて行きました。

とにかくお天気がめちゃくちゃ良かったのが
ラッキーだったと思います。
そうでなければこんなに素晴らしい絶景には
出会えなかったはず。

s-18120896 (1) copy


これらの場所に限らずですが
海の絶景ハントをする場合、
お天気によって海の色や透明度が
別の場所かと思うくらい変わるので
なかなか難易度は高いと言えるかも。
実際、1枚目の辰ノ島へ行く時は
雨のち曇りの予報でした。

半ば諦めていたんだけれど
クルーズ船に乗ったら急に晴れてきて
みるみる鮮やかになった海の変わり様は
心に焼き付いています。

せっかく念願の日本へ帰ってきたことだし、
まだまだ見たい景色はたくさん。
2019年も日本の美しい景色に
出会えますように。


こちらもよろしければ。





s-18113092 copy


東京から福江島へのアクセスについて
よくご質問頂くのですが、
私の旅はいつも移動時間は極力短く、
最も早く着く方法を選びます。
(絶景は見たいが旅の行程、移動は
楽しめないタイプ……。)

よって飛行機のみのルートを選択。

往路:羽田→長崎空港→福江空港
復路:福江空港→博多空港→羽田

でした。五島列島へ行くにあたり
上五島ではなく福江島のみになったのも
空港があるのが福江島だからです。

s-18113091 copy


のんびり船旅も楽しみたいという方は
長崎港、博多港からそれぞれフェリー、
もしくはジェットフォイル(高速船)
が出ているようです。

ものすごいせっかちで
長距離移動が楽しめない私は
飛行機も苦手ではないけれど
特に楽しくもない。

しかし長崎空港で福江島行きの飛行機に
乗り換えた時はテンション上がりました。
こんなに小さな飛行機、初めてです!

s-18113093


飛行機というものは機体が
小さければ小さいほど私にとっては
楽しいことが今回わかりました。

是非ともヘリに乗ってみたい。

s-18113094


プロペラ……!

長崎空港から福江島までの
飛行時間は30分くらい。
飛行機はANAで取りました。

s-18113095


朝8時台の飛行機で羽田を発って
11頃には福江島に着いていたので
東京からは比較的アクセスしやすい
島だと思います。

秘境好きだと思われがちなんですが
実は何よりもアクセス重視。
景色は見たいけどアクセスが大変で
諦めている場所はたくさんあります。

s-18113096 copy


それにしてもキレイな海。

この景色を見返すたびに
またいつか行きたいなと思う、
そんな島でした。


こちらもよろしければ。





↑このページのトップヘ