P House

15年間ニュージーランドで暮らしていました。 日々のひとこま、海の絶景旅 思い出写真など

カテゴリ: 海旅

日本っぽくない風景!
最初の感想はこれでした。

s-19060498 copy


鳥取砂丘には「馬の背」と呼ばれる
大きな砂の高まりがあります。
下画像でたくさん人が立っている場所が
馬の背の天辺。

s-19060499 copy


とりあえず馬の背を目指して
広大な砂の上を歩いてゆくのですが
砂場だけあって結構足を取られます。

中にはあえて馬の背真下の急斜面から
登っていこうとする猛者もいらっしゃる。

s-19060461 copy


ずりずり滑ってすごく大変そう。
「うおー!」という声が聞こえてきます。
ガンバレ。

s-19060463 copy


こうして登り着いた先に見える日本海。
登り切った達成感を味わいながら
広大な景色を眺めます。

s-19060464


画像だと伝わりにくいのですが
波打ち際までは結構な急斜面です。

下りてしまうとただのビーチだし
そうするとまた急な砂場を登ってこなければ
ならないので、あまり皆下りたがらない。(笑)
みんなここに立って海を見てます。

s-19060451


スニーカーに砂が入りまくるので
裸足で歩いてる人も多かったです。
足洗い場も完備されていました。

らくだライディング等アクティビティもあり
砂の美術館もあり。

s-19060469


思いの外楽しい砂丘体験でした。


こちらもよろしければ。





引き続き、浦富海岸の見所について。

s-19060691 copy


水尻洞門です。

鴨ヶ磯展望駐車場から遊歩道を下り
分岐点に出たところから見えます。
岩山にぽっかりと空いた洞門から
光がさし、海面が輝きます。
あ~きれい。

洞門つながりでこの1枚も。
こちらは鳥取ではなく、石垣島の海です。

s-19060692 copy


洞門の向こうにさらに洞門。
洞門を見るとすごく気分がアガります。
って何回洞門って書くんでしょうか……。

鳥取、浦富海岸に戻りまして
水尻洞門のすぐ近くに鴨ヶ磯海岸があります。
ここも本当に美しい。

s-19060693 copy


この時ちょうど曇天だったので
写真では海の色がイマイチなのですが
海の庭園のような風景が素晴らしかったです。

s-19060694 copy


そして浦富海岸の見所といえばここ。
トンネルのように穴が貫通している
千貫松島です。

s-19060696 copy


花崗岩の離れ岩が浸食されて
トンネルみたいに穴が貫通してます。
海食洞門と呼ぶのだそうです。

s-19060697


絵画みたいな風景。
千貫松島の洞門を小型船で通るツアーも
あるようです。
私が見た時はカヤックが通ってました。

s-19060698


他にも見所多数の浦富海岸。
最高のドライブコースでした。



こちらもよろしければ。




↑このページのトップヘ