P House

15年間ニュージーランドで暮らしていました。 日々のひとこま、海の絶景旅 思い出写真など

カテゴリ:

s-1411242


私は動物全般に好きだけれど
その中でも鳥はかなり好きな部類。
そして鳥といえば小学生の時に飼っていた
インコを思い出します。

s-1411243


確か小学校低学年の時だったと思うけど
母に犬が飼いたいとかなり交渉したけどダメで
猫もダメで、小動物にしていったけど全てNG、
最終的にインコでOKをもらった、
みたいな流れだったと記憶しています。

s-P1090532 - コピー


黄色くて、可愛いインコ。私の相棒。
お菓子みたいな匂いがして、
インコは見た目だけでなく
匂いも好きだと子供の私は思いました。

s-1411286


s-1503045


そうして大切に飼っていたインコが
数年後に亡くなってしまった時は
この世の終わりみたいに悲しくて絶望したし
あれから何十年か経って大人になった私は
相棒だった犬が亡くなった時にもやはり
この世の終わりみたいに悲しくて絶望しました。

s-1507136


私はこの先の人生でもう
鳥を飼うことはないだろうけど、
ニュージーランドでは野鳥が常に
生活する環境の中に存在していて。

s-1411041


s-14100751


ニュージーランド生活のどこが良かったか
を聞かれるたびに、無難な一般的な答えを
返しているけれど、咄嗟に私の頭の中には
「犬と暮らしやすい国であること」
「泣く子も黙る動物愛護王国であること」
「野鳥が身近にたくさんいること」
の三つが浮かびます。
聞く方が全く興味なさそうな分野の答え
なのであまり言う機会はないのだけれど。

s-1502075


s-1410096


野鳥って人間との距離があると思ってたけど
案外近いのね……と感じるシチュエーションも
多かった。

s-1404126


s-1403263


s-P1210431


s-100_2059


フランスパン手にもったまま
食べてもらったり。。

s-19100591


寒いのは苦手だし
自然より都会が好きだし
世界中で一番好きな都市はTokyoで
おそらくこの先も変わらない気がするけど
たまに「北海道に野鳥を見るための旅」に
出たいなあなんて考える鳥好き人間です。


メインブログ。





美術館へ行くはずが
うっかり手前で目的地がそれて
気付けば動物園。

s-1811162 - Copy copy


上野動物園がパンダの陰で地道に
推し続けているハシビロコウです。

一時のブームなどに左右されない
安定した人気者。
ファンが多いのでこの一角は
結構賑わっています。

s-18111992 copy


ハシビロコウといえば
動かない鳥として有名で、
動物園がUPしている動画にも
「動かないハシビロコウ動画」
があるほど。

でもこの日は結構動いてました。
ゆっくり優雅に歩きます。

s-18111993 copy


写真で見てもわかりますでしょうか。
かなり大きいのです。

動物園の公式サイトによると
足から頭までの高さ約1.2m。
翼を広げたときの幅はなんと約2.5m!
体重約6kgだそうです。

頭とくちばしがとにかく大きい。

s-18111991 copy


作り物みたいなお顔ですね。
アニメのキャラっぽい。

s-18111994 copy


個人的には頭のツンツンが好きです。
パンクだな。

s-18111997 - Copy copy


羽が美しい!

現在上野にはオス1羽、
メス3羽がいるらしいのですが、
この日見られたのは3羽。
全員動く姿が見られました。

しばしフリーズしてるように見えても
少し粘って観察してると動き出します。

s-18111999 copy


s-18111998 copy


独特の存在感を放つハシビロコウ。

日本に帰国して以来おさまっていた
鳥熱が久しぶりに上がりました。



こちらもよろしければ。





↑このページのトップヘ