P House

15年間ニュージーランドで暮らしていました。 日々のひとこま、海の絶景旅 思い出写真など

カテゴリ:

「外出してはいけない」ということは
「外出しなくてもよい」ということでもあるんだな。。
ふとそんな風に考えることがあります。

s-20042591

去年のチューリップ畑

娯楽は「不要不急」なのかもしれませんが
「無くてもよいもの」なんかではありません。
私はエンターテインメントを愛しています。

でも行きたくなければ行かなきゃいいとはいえ
行事があるから人は無意識の内に
行くかどうかの選択を迫られる。
皆が、世間が行くから、行ったほうがいいような
気がして迷ったりする。フェスとか花火大会とか。
なんとなく少し追い立てられるように。

だからお祭り含むあらゆるイベント事が
無くなってしまったことは残念だけれど、
予定が消えたからこその妙な落ち着きも
実は密かに感じてる面もあります。

s-20042592


そういうことから解放されて
ただ仕事や家事や読書やゲーム(笑)に
没頭することが推奨されるのは
一時の過ごし方としては悪くない。。

とはいえ私も去年チケットを取っていた
あるコンサートが当然中止になって
残念な気持ちを味わってはいるのですが。
中止によって打撃を受けているところも
たくさんありますし。

s-20042593


学校が始まらなくて困っている多くの人々がいて、
しかしその裏でいじめに苦しんでた子などは今
すごく安堵してるのかもしれない。
学校がオンライン授業になったら
病気などの理由で通学できなかった子供も
授業が受けられる、そんな可能性が
広がっていくのかもしれない。

そういったことも考えたり。

実際に登校して人と接し人間関係を学ぶべきだ!
みたいな考えの大人も多いのだろうけれど
私はリモート学習の可能性が広がることには
期待する気持ちのほうが大きいのです。


メインブログはこちらです ρ(・д・*)





インスタグラム

桜が散ると今度は色の濃い花の出番で
散歩中、目を楽しませてくれます。

s-20041791


去年の今頃は、まさか翌年の春
世界中がこんな状況になってるとは
想像もしていなかったなと思う私の前で
お花は去年と変わらず美しく咲いていて。

植物にとっては「いつもの春」なんだな。

s-20041793


わんこにとっても「いつもの春」です。

s-20041891


私の頭ではいくら考えても
新コロ禍は禍でしかないので
「今だからこそできる楽しみを見つけよう!」
みたいな前向きな捉え方はできません。

しかし感染症対策に伴う経済活動の停滞で
中国の深刻な大気汚染が劇的に改善され、
汚染による死者が激減するとか →
これまたインドの大気汚染が大幅に改善され
200キロ離れた場所から30年ぶりに
ヒマラヤ山脈が見えた、→ 
などというニュースを見た時は
唸らずにはいられませんでした。

長い間偉い大人達がどうにかしようとして
できなかった深刻な汚染問題が
ウイルスの出現によってあっさり
大幅改善してしまったなんて。。

s-20041792


s-20041893


s-20041894


今回の事態が収束した暁には
汚染がコロナ以前に戻ってしまわないよう
そこの対策と本気の努力をする義務が
たぶん人間にはあるのだろうな……と
そんなことを考えるお散歩タイムでした。


メインブログはこちらです ρ(・д・*)





Instagram



↑このページのトップヘ