世界を旅する巨大アヒル、ラバー・ダックが来月
大阪の天満橋八軒家浜に11年ぶりに登場するそうです。

ラバー・ダックとは、オランダのアーティスト、
フロレンティン・ホフマンさんが作った
巨大なアヒルのパブリックアートです。

世界のあちこちに出没しているそうで
私も一度だけ見たことがあります。

s-1102032


2011年にニュージーランドのオークランドで
偶然見かけたラバー・ダック。

クルーザーやヨットが停泊する
オシャレなハーバーに突如出没した
巨大アヒルです。

s-1102033


視界の隅に入ってきた瞬間
頭にクエスチョンが飛び交いました。
……なんだコレ?と。

s-1102035


見た時はまだラバー・ダックプロジェクトを
知らなかったので、ただただ意味不明でした。

めちゃくちゃ大きいです。

s-1102036


背景の建物から、大きさ伝わるでしょうか?

制作者の意図としては
「ラバーダックは年齢や人種に関係なく、
子供のころの記憶や思い出を思い起こさせ、
幸せや喜びの象徴でもある」だそう。

確かにめちゃくちゃ和みました。
見てる人みんな、笑顔。

s-1102041


黄色いラバー・ダックが街の風景に
全然マッチしてないところが逆に良かったです。

s-1102231


来月になったら大阪に出没するダック。
私は見に行けないけれど、Twitterなどで
画像見て和もうと思います。



メインブログはこちら ρ(・д・*)







Instagram