P House

15年間ニュージーランドで暮らしていました。 日々のひとこま、好きなもの 思い出写真など

2018年04月

まるで自分の周りだけ世界がどんよりと
厚い雲で覆われているように見える日が
人生にはありますが

s-1105085 - Copy copy


今自分が立っている場所が
とてつもなく輝いて見える日もある。

s-1109186 - Copy copy


ふたりが私めがけて笑顔で走ってくる時、
まさにそんな瞬間でした。


こちらもよろしければ。





それぞれ他にベッドはあるんだから

s-16030131 copy


なにもこのベッドにふたりで入らなくても……。
キュウキュウです。

s-1602277 copy


この密着具合が暖かくて快適なのでしょうか。

s-1602281 copy


きっと一緒にいたいんだね。


こちらもよろしければ。





↑このページのトップヘ