P House

15年間ニュージーランドで暮らしていました。 日々のひとこま、好きなもの 思い出写真など

2016年03月



16032631

左、おそらく「ちっちゃくてかわいいボク」が自己イメージのバスター。
右、おそらく「大型犬でかっちょいいボク」が自己イメージのぷく。

16032632 copy

ふたりを見てると上下関係も明らかにチワワであるぷくが上でした。








堂々と胸を張る立ち姿。
ピンとL字に上がるシッポ。
草原を見渡すオスライオンのようです。

1603249

たとえ通りすがりに「ラットみたい」と言ってる声が聞こえようとも。






↑このページのトップヘ