P House

15年間ニュージーランドで暮らしていました。 日々のひとこま、好きなもの 思い出写真など



人が持ってるからといって欲しがったり
自分には大きすぎるものを欲しがったりしちゃいかん。
「身の丈」という言葉を、このぷくを見ると思い出します。

s-1602161 copy

木の棒よこせと吠えていたぷくは、この後棒に頭ぶつけてました…。




フクロウ雑貨に夢中。



以前も登場しましたセツコ姐さん。 →  
ただでさえ顔が怖いのに機嫌が悪いとさらに迫力が増す。

s-1602142 copy

s-1602144 - Copy copy

勝手に庭に来られ、キレられるぷく家。

s-1602145 copy

でも大好きでした、姐さん。
ちなみに本名はミンティちゃんでした。




↑このページのトップヘ